食べる 見る・遊ぶ 買う

倉敷・鷲羽山レストハウスがリニューアル 週末は朝食の提供も

「鷲羽山レストハウス」と瀬戸大橋

「鷲羽山レストハウス」と瀬戸大橋

  • 58

  •  

 瀬戸内海や瀬戸大橋を一望できる鷲羽山展望台に隣接する「鷲羽山レストハウス」(倉敷市下津井田之浦、TEL 086-479-9164)が4月、リニューアルオープンした。

ランチメニュー「岡山県産米粉麺の搾菜鶏汁そばと点心蒸籠」

[広告]

 倉敷市が所有する同施設は3フロアから成り、レストラン、土産店、オーシャンビューの休憩スペース、授乳室、宴会にも使える会議室などを備える。延べ床面積は約2,200平方メートル。今年4月に「鷲羽山下電ホテル」(大畠)が新たな指定管理者となり、レストランのメニューや土産物のラインアップを刷新した。キッチンカーやものづくりイベントなども誘致して、にぎわいの創出を図る。

 主なランチメニューは「岡山県産米粉麺の搾菜(ザーサイ)鶏汁そばと点心蒸籠(せいろ)」(1,650円)、同セットに角煮まんじゅうと揚げ物2種類を追加したDX(デラックス)セット(2,750円)、「海鮮おこげと点心蒸籠」(2,200円)など。喫茶タイムには、備前焼の器にいれたコーヒーを茶せんで泡立てて飲む「和珈琲(コーヒー)」を地元和菓子店のスイーツとセットで用意する。

 土曜・日曜・祝日は朝食「厳選小鉢と三種の朝粥セット」(1,650円)を提供する。地元の魚介類と県産米を使ったたこがゆ・鯛がゆ・白がゆは食べ放題で、黄ニラ、ママカリなど地元食材を使った小鉢15種類を添える。同ホテル総支配人の岸伸良さんは「朝の鷲羽山は瀬戸内の多島美がより一層映えるので散策のついでに朝食も楽しんでもらいたい」と話す。

 「旅行会社と連携した魅力的な観光コースの提案などで、県外や海外からの観光客はもちろん、地元の人たちも何度も訪れたくなるような価値を生み出したい。さまざまなアイデアを出し、地域全体の活性化につなげていければ」とも。

 営業時間は9時~17時(朝食=土曜・日曜・祝日の7時~10時、ランチ=11時~15時、喫茶=15時~)。

  • はてなブックマークに追加
エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース