食べる

倉敷・日吉町に広島風お好み焼き店 広島出身者が出店、「ゆっくりできる場に」

「お好み焼き まつお」店主の松尾素子さん

「お好み焼き まつお」店主の松尾素子さん

  •  
  •  

 お好み焼き店「まつお」(TEL 080-4556-7218)が倉敷市日吉町の住宅街にオープンして2カ月がたった。

イカ天入りの「もっちゃん焼き」

 広島出身の店主・松尾素子さんが広島風お好み焼き専門店として住居の一部を改装して8月に出店。店舗面積は約6坪。席数は8席。松尾さんは「広島の住宅街にはおばちゃんが1人で焼いているスタイルの小さな店がたくさんあり、自分の小さいころは『毎週土曜日はお好み焼き』と決まっていた。かつて自分が通ったような、気軽に歩いて行ける『町のお好み焼き屋さん』を目指したい」と話す。

[広告]

 メニューは、「ブタ玉」(700円)、イカ天入りの「もっちゃん焼き」(850円)、砂ずりとイカ天入りの「尾道焼き」(900円)、「焼きそば」(650円)など。お好み焼きはそばとうどんのいずれかを選べる。トッピングはネギ(100円)、イカ、エビ、餅(150円)、チーズ(200円)など。ソースは毛利醸造(広島県)の「カープソース」を使う。

 「毎日食べても飽きない味を目指しており、ラードは使わず、油も酸化しないように少量で仕入れるようにしている」と松尾さん。メニューは電話による持ち帰り注文にも対応する。

 倉敷に住み始めて今年で11年になるという松尾さんは、保育士から転身し、鉄板焼き店や中華料理店などで飲食業経験を積む中で、自分のやりたいことが見えてきたという。「飲食業が自分に合っていると感じ、数年前からお好み焼き店の出店を考え始めた。実家が理容室だったので住宅兼店舗というスタイルでの自営業への親近感もあった」と振り返る。

 「出店をきっかけに、何年も会っていなかった友人たちが広島から食べに来てくれて感動した。ほぼ毎日来てくれる人やリピーターも少しずつ増えて、だんだんと思い描いていたような店になりつつある。みんながゆっくりできるような場を提供していきたい」と話す。

 営業時間は11時~15時、17時30分~22時。月曜定休。

  • はてなブックマークに追加