天気予報

12

2

みん経トピックス

倉敷の重文住宅で食を語る「三丁目の夕日」水門、解体

倉敷の古民家ゲストハウスでアーティスト大場照美さんが限定「女将さん」

  • 0
倉敷の古民家ゲストハウスでアーティスト大場照美さんが限定「女将さん」

「くるま座 有鄰庵」で期間限定「女将さん」を務める大場照美さん

写真を拡大 地図を拡大

 倉敷・美観地区のゲストハウス「くるま座 有鄰庵(ゆうりんあん)」(倉敷市本町、TEL 086-426-1180)で現在、8月限定の「女将さん」が宿泊客をもてなしている。

笑顔がのぞく有鄰庵の「しあわせプリン」

 「女将さん」を務めているのは、アーティストの大場照美さん。東京都内のシェアハウスを生活拠点として活動していたが、同施設の「女将さん体験」募集の情報をインターネットで知り応募。築100年以上の2階建て古民家を改装してゲストハウスとカフェを運営する同施設に今月1日から住み込み、宿泊客やカフェ客をもてなしている。

 これまでも「旅するアーティスト」として、全国を軽自動車で旅しながらイラストや造形を手掛けてきた大場さん。「ゲストハウスの宿泊経験もあるので、お客さまの立場に立って積極的に声を掛け、行ったことのある地域の話などで盛り上げるよう心掛けている」と話す。

 おかみさんとしての当初の役割に加えて大場さんが新しく始めたのが「神社の参拝ガイド」。希望する宿泊客を近所の阿智神社(本町)に案内し、同神社の由来や正しい参拝の作法をレクチャーする。「神社の作法、神様とのお付き合いの仕方を伝えると『とても気持ちよかった』『早速いいことが起きた』と喜んでくれる。サービスを提供する側でありながらお客さまから毎日元気をもらっている」

 代表の中村功芳さんは「他の土地から来た人が地元の人や物と触れ合い新しい価値が生まれる。大場さんが来てくれたことで始まった『阿智神社参拝ツアー』はその好例。ホテルや旅館では生まれにくい『情報の交流』こそが当施設のメリット」と話す。

 カフェの営業時間は11時~18時。ゲストハウスの詳細はホームページで確認できる。

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

アクセスランキング