学ぶ・知る

倉敷で能楽師による体験教室 若い世代が「本物」に触れる機会を

つくぼ片山家プロジェクト代表の滝口美保さん

つくぼ片山家プロジェクト代表の滝口美保さん

  • 70

  •  

 倉敷の古民家「つくぼ片山家」(倉敷市帯高)と早島の古民家「いかしの舎」(早島町早島)で7月18日・25日、「備中能楽体験教室」が開かれる。主催はNPO法人「つくぼ片山家プロジェクト」。

過去に開催された能楽体験教室の様子

[広告]

 岡山県備中県民局提案型協働事業に採択されている同イベント。観世流シテ方の樹下千慧(じゅげちさと)さん、幸流小鼓方の林大和(はやしやまと)さんの能楽師2人を講師に招き、実演と解説、謡(うたい)・仕舞(しまい)・小鼓(こつづみ)などの体験を行う。体験では、リトミックの要素を取り入れて、多くの人になじみ深い童謡「桃太郎」を能楽で表現する。

 主催者代表の滝口美保さんは「能楽を体験したい人すべてを対象にしているが、地域の若い世代に本物の能楽に触れてもらいたいので、多くの小中高生に参加してもらいたい。見るだけでなく体を動かして体験することができるので、能楽の魅力を肌で感じ取ってもらえるのでは」と期待を寄せる。

 開催時間は13時30分~15時30分。会場は、18日=つくぼ片山家、25日=いかしの舎。参加費は、一般=1,000円、高校生以下無料(小学生以下は保護者1人のみ同伴可)。

エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース