見る・遊ぶ 買う

倉敷・児島のギャラリーでグループ展-新年テーマに新作200点

Hitomiさんの「キッズマフラー」

Hitomiさんの「キッズマフラー」

  •  
  •  

 倉敷・児島のアートギャラリー「ALAPAAP(アラパープ)」(倉敷市児島唐琴町、TEL 086-470-1515)で現在、8人の作家によるグループ展「HAPPY NEW! EXHIBITION」が開かれている。

コミカルな表情を持つ白神典大さんの「がい骨」

 「ハッピーで新しい作品」をテーマに新作約200点を展示する同展。会期前半の昨年12月はクリスマス、後半の1月は新年を意識した空間づくりを行う。

[広告]

 参加する作家は、大倉美弥さん(切り絵)、白神典大さん、中野由紀子さん(以上ガラス)、Shimamura Hiroshiさん(アーティスト)、Hitomiさん(イラスト&デザイン)、「灯り屋わらべ」(キャンドル)、「from larm(フロムラルム)」(服飾小物デザイン)、「Pole Pole(ポレポレ)」(陶芸)の8人。

 今年の干支(えと)である馬をあしらったオブジェや小物のほか、マフラー、マグカップ、ポーチ、ヘアゴム、指輪、ピアス、エコバッグなど幅広く展示。同ギャラリーで初の作品展示となるShimamura Hiroshiさんは、自身のブランド「xocoxaixaixoco」(チョコチャイチャイチョコ)」のオリジナルTシャツを展示する。

 「この展示から作家たちの新しい定番が生まれるかもしれない。作家のチャレンジ精神や成長が垣間見えるような動きのある展示になれば」と片岡浩一店長。

 開催時間は12時~19時(土曜・日曜・祝日は10時~)。火曜定休。1月30日まで。

  • はてなブックマークに追加