食べる 見る・遊ぶ 暮らす・働く

倉敷・児島「キャピタル」で本のマルシェ 「アート」「人」「衣」つなぐ出合いを

昨年秋に行われた「SOHO BOOK MARCHE」の様子

昨年秋に行われた「SOHO BOOK MARCHE」の様子

  •  

 倉敷・児島のアパレルメーカー「KAPITAL(キャピタル)」の直営店舗「瀬戸内児島赭(そほ)店」(倉敷市児島小川町、TEL 086-486-2339)で4月5日、古本販売イベント「お花見 SOHO BOOK MARCHE(そほブックマルシェ)」が開かれる。

桜満開で迎えた昨年春のブックマルシェ

 4回目を迎える同イベント。敷地内の中庭を会場に「451ブックス」「本と工作 and books」「古本ながいひる」など、県内および香川から11店が出店し、アンティーク古書、アートブック、絵本などを販売する。飲食部門は、地元の無農薬野菜や玄米などオーガニックな食材を使った菜食料理を提供する「アルバンモー」が初出店するほか、「フリーダムタコス」「CoMA COFFEE」「てづくり KOBO あおぞら」など計7店が出店する。

[広告]

 同店は、旧児島公民館・図書館の建物と敷地をほぼ元の外観のまま利用した社屋の一角にあり、生産工場、アウトレット、ギャラリーレンタルスペース、バンダナ・ミュージアムも併設する。「かつて公民館・図書館として人が集まっていた場所に、また人が集まってほしいという思いからイベントを始めた。回を重ねるごとに出店数、来場者数ともに増え、『次はいつやるの?』という声も上がるようになり、手応えを感じている」と同店スタッフの真鍋孝平さん。

 「『アート』『人』『衣』をつなぐ出合いの場になることを願っているので、マルシェはもちろん、ギャラリースペースや直営店などにも足を運んで楽しんでいただければ。今後は『音』も絡めたイベントを企画するなど、変化をつけながら回を重ねていきたい」と意欲を見せる。

 開催時間は11時~17時。入場無料。雨天の場合は屋内開催。

情報誌 Class