見る・遊ぶ 暮らす・働く 学ぶ・知る

倉敷の神社でワンコイン・コンサート-東北の神社復興支援

「阿知の杜コンサート」のポスター

「阿知の杜コンサート」のポスター

  • 0

  •  

 倉敷・鶴形山の阿智神社(倉敷市本町)で7月7日、東日本大震災で被災した神社の復興を支援する「阿智の杜コンサート」が開かれる。

コンサートが行われる阿智神社の「神楽殿」

 同コンサートは、昨年3月11日の東日本大震災で多くの神社が被災したことから、同神社が企画。岡山になじみのあるアーティストたちに参加を呼び掛けた。入場料をワンコイン(500円)とし、収益金は岡山神社庁を通じで被災地の神社復興にあてる。

[広告]

 参加アーティストは、旧倉敷チボリ公園のゴスペル隊から生まれたコーラスデュオ「AiLe(エル)」、マンドリン合奏の「岡山プレクトラム室内合奏団」選抜メンバーで構成する「POCO Ensemble(ポコアンサンブル)」、オーストラリアの民族楽器「ディジュリドゥ」をはじめ多彩な楽器で「命の大切さ」と「自然との共生」を弾き語る「喜楽童Toshi&七海」の3組。なじみのある曲を中心に、オリジナル曲を交えながらそれぞれ40分間演奏を行う。

 同神社総務部長の真治憲之さんは「神社は地域住民のよりどころとなる場所だからこそ早急な復興が重要」と話す。「こういったイベントを通じて、当神社のある鶴形山公園全体が市民の憩いの場になっていくきっかけになれば」とも。

 開催時間は16時~18時30分。雨天の場合は同神社・参集殿で開催。