天気予報

34

23

みん経トピックス

新倉敷に管理栄養士ランチ倉敷に串カツ店

倉敷にアパレル店「クラフトワークインク」 地元産素材使った独自商品展開

倉敷にアパレル店「クラフトワークインク」 地元産素材使った独自商品展開

奈良林賢治店長と母の訓子さん

写真を拡大 地図を拡大

 倉敷・美観地区の複合商業施設「クラシキクラフトワークビレッジ」(倉敷市本町)に3月19日、「CRAFT WORK inc.(クラフトワークインク)」(TEL 086-489-0989)がオープンした。運営はCRAFT WORK(児島小川)。

イニシャルを入れたデニムポーチ

 「自分たちで作ったものを自分たちで販売する」をコンセプトに、帆布バッグ、オリジナルデザインのウエア、デニムアクセサリーなどを工房併設の店舗で販売する。店舗面積は約20坪。

 取り扱う商品は、帆布のバッグやポーチ、シルクスクリーンプリントのオリジナルTシャツ、デニムのパンツやエプロン、コインケース、レザーのキーリング、シューズなど。帆布生地とデニム生地は岡山のものを使い、デザイン、縫製、着色、プリントは同社で行う。

 バッグのボディや持ち手の色を変えたり、イニシャルをプリントしたりするなどのセミオーダーも受け付ける。「イニシャルのプリントは当日対応ができ、プレゼントにも向いている」と店長の奈良林賢治さん。

 ガラス張りの工房では、賢治さんと母の訓子さんが共に製造を担当し、販売もこなす。「あえて『Made in Kurashiki』『Made in Japan』とうたわなくても、ここで作っていることが分かっていただけるのでは」とも。

 「自分たちで作っているので、少しずつ変化させていったり、お客さまの要望に合わせて新商品を開発したりできるのが強み。お客さまと関わりながら、倉敷にいいものがあることを発信していきたい」と意欲を見せる。

 営業時間は10時~18時。木曜定休。

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

アクセスランキング