見る・遊ぶ 暮らす・働く

倉敷・下庄に仏自転車ブランド「エスワンネオ」専門店 日本初進出

「S1NEO JAPAN」社長の岡田浩太さん

「S1NEO JAPAN」社長の岡田浩太さん

  •  

 倉敷・下庄に、フランスのスポーツ自転車ブランド「S1NEO(エスワンネオ)」の専門店「Le vélo gagnant(ル・ヴェロ・ガニヨン)」(倉敷市下庄、TEL 086-527-5061)がオープンして1カ月がたった。

店内の様子

 11月にオープンした同店。玉野市出身の現役競輪選手・岡田浩太さんが同ブランドの性能やデザインに魅せられ、フランス本社と交渉の末に日本国内での独占販売契約を結び出店した。店名はフランス語で「勝つ自転車」を意味する造語。店舗面積は約25坪。

[広告]

 取り扱う自転車は、ロードバイク、トライアスロンバイク、トラックバイク、シクロクロスバイク、マウンテンバイクなどで、価格帯は約25万~125万円。同ブランドのウエア類のほか、ハンドル、ヘルメット、シューズ、空気入れなどさまざまなメーカーの関連商品も販売する。

 同ブランドは、世界自転車選手権トラックレースのチャンピオンで世界記録2つを保持するフランソワ・ペルビスさんがアンバサダーを務める。「2009年に創設された比較的新しいブランドにもかかわらずフランスではトップ選手たちに認められている。自転車競技の本場であるフランスでも、すべてをフランス国内で生産しているブランドは珍しい」と岡田さん。

 「日本代表にも使ってもらえるよう、頑張ってこのブランドを育てていきたい。日本中の人に乗ってもらいたい」と話す。

 営業時間は12時~19時。水曜定休。

情報誌 Class