3密を避けて新しい生活様式へ!

食べる

倉敷の地酒バルがオリジナル小瓶で日本酒販売 「家飲み」で酒業界支援を

サンデシ瓶で販売する地酒

サンデシ瓶で販売する地酒

  • 149

  •  

 「備中の地酒バル 粋酔日(すいようび)」(倉敷市中央1、TEL 086-434-3142)が現在、持ち帰り用の日本酒を販売している。

店舗外観

 倉敷を含む備中地域(岡山県西部)の地酒を専門に扱う同店。新型コロナウイルス感染拡大によるイベント中止・外食自粛等で酒蔵や酒販店が苦戦していることを受け、「地元の人に少しでも地元の酒を飲んでもらいたい」と中原和雄店長が企画した。

[広告]

 販売する商品は17蔵の日本酒約30種。一般的な一升瓶や四合瓶ではなく、小ぶりな「サンデシ瓶(300ミリリットル)」に詰め替えて打栓した同店オリジナル商品を販売する。瓶の表面にはオリジナルの銘柄ラベルをサンデシ瓶用に複製したものを貼り付ける。価格は550~950円。

 中原店長は「ただの量り売りではなく、より価値のある商品にしたかった。サンデシ瓶なら冷蔵庫にも入れやすいし飲み切りやすいので気軽に買える。銘柄ラベルが貼ってあるので、自分がどんな酒を飲んでいるのかが分かり、異なる銘柄の瓶をコレクションする楽しみも生まれる」と話す。

 「通常の量り売りと異なり、詰め替え、打栓、ラベル貼りなどでかなり手間がかかるが、酒蔵や酒販店を応援する気持ちと、お客さまに地元の酒を楽しく飲んでもらいたいという気持ちがあるから頑張れる」とも。

 営業時間は17時~23時。月曜定休。