食べる 買う

倉敷美観地区で週末マルシェ 高梁川流域の魅力アピール

「阿知スペース広場マルシェ」の様子

「阿知スペース広場マルシェ」の様子

  • 57

  •  

 食と雑貨の販売イベント「阿知スペース広場マルシェ」が2月10日から、倉敷美観地区内の阿知スペース広場(倉敷市阿知2)で毎週土曜に開かれている。主催は一般社団法人「MASC(マスク)」(倉敷市中央1)。

「パティスリー ルヴェール」の洋菓子

[広告]

 約250平方メートルの広場に地元の事業者6~9組が出店し、観光客や地域住民に向けて高梁川流域にちなんだ商品を販売する。

 2回目の開催となった2月24日は、アクセサリー「MIMICA」、アパレル「Oh Comes Me」、児島デニムを使ったハンドメード雑貨「Chiku2」、洋菓子「パティスリー ルヴェール」、「YOD'Z BURGER」、「からあげ ほねぬき」の6組が出店。地元アーティストのリッキーさんによるアコースティックライブも行われた。

 MASC事務局長の坂ノ上博史さんは「日常生活を豊かにするような時間を過ごしてほしい。ゆくゆくは近隣の広場や商業施設とも連携してイベントを行い、倉敷の路地を寄り道しながら楽しめるようにしていきたい」と意気込む。

 開催時間は9時~14時。入場無料。雨天中止。

  • はてなブックマークに追加
エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース