食べる 暮らす・働く

倉敷・美観地区「みんなのぽっ♪カフェ」が手作りカレー、週2日限定10食

「みんなのぽっ♪カフェ」福田優子さん(左)と石川芳子さん(右)

「みんなのぽっ♪カフェ」福田優子さん(左)と石川芳子さん(右)

  •  
  •  

 倉敷美観地区の倉敷物語館内にある「みんなのぽっ♪カフェ」(倉敷市阿知2、TEL 086-435-1271)が7月、同カフェ初となるフードメニュー「キーマ風手作りカレー『ぽっ♪カレー』」の提供を始めた。運営はNPO法人「子育て応援ナビぽっかぽか」。

県産の野菜を使ったキーマ風手作りカレー「ぽっ♪カレー」

 2010年4月にオープンし3年目を迎えた同カフェ。店舗面積は60平方メートルで、席数は25席。江戸時代中期に建築された邸宅の蔵を改装した店で、これまでドリンクとスイーツのみ提供してきたが、ランチ向けフードメニューの要望が高いことから同メニューの提供を始めた。価格は単品500円(温かいドリンクとのセット=700円、冷たいドリンクとのセット=750円)で、「ぷちサラダ」が付く。

[広告]

 「子どもからお年寄りまで楽しめる家庭的な味といえばカレー。当店は本格的な料理を作るためのキッチン設備を持たないため、鍋一つで用意できるのも大きなメリット」と責任者の福田優子さん。限定10食を、火曜・木曜のランチタイムのみ提供する。

 材料は地産地消を目指し、県産の米と野菜(シイタケ、ニンジン、タマネギなど)を使う。ひき肉は国内産。「味は酸味と甘味とほんの少しの辛味をバランスよく、口当たりはジューシーに仕上げた」と福田さん。提供開始以来、毎回完売しているという。事前予約すれば20人まで対応可能で、貸し切りの相談にも応じる。

 カレー以外の定番メニューは、「こだわりケーキセット」(ドリンク+150円、単品=200円)、「ぽっ♪カフェ ブレンドコーヒー」(400円)、高梁市で栽培された茶葉から作った「高梁紅茶」(400円)、「カフェオレ」(450円)、「おかやま番茶」(200円)など。季節限定メニューに「コーヒーフロート」(550円)、アイスクリーム(バニラ、ストロベリー=各250円)なども取りそろえる。

 「当店は『地域ふれあい交流』がコンセプト。赤ちゃんからお年寄りまで、みんなの心がぽっかぽかに温まるような場所作りを目指している。バリアフリーなのでベビーカーでも車いすでも大丈夫」とも。

 営業時間は10時~18時。ランチタイムは11時~15時。

  • はてなブックマークに追加