天気予報

14

2

みん経トピックス

倉敷駅前に中華料理店倉敷に国産デニム専門店

倉敷・美観地区に「倉敷デニムストリート」-「国産デニム発祥の地・倉敷」発信

倉敷・美観地区に「倉敷デニムストリート」-「国産デニム発祥の地・倉敷」発信

「倉敷デニムストリート」外観

写真を拡大 地図を拡大

 倉敷・美観地区にデニム専門店「倉敷デニムストリート」(倉敷市中央1、TEL 086-436-6218)がオープンして1カ月が過ぎた。経営は寺子屋(京都府京都市)。出店場所は今年10月に移転した創作和雑貨店「布遊舎(ふゆうしゃ)」跡。

デニム色の「デニムまん」と「ブラックデニムまん」

 11月8日にオープンした同店。倉敷の児島地区が国産デニム発祥の地であることにちなみ、児島産のデニム製品や、デニム製の小物雑貨や装飾品などを取りそろえる。店舗面積は130坪。

 取扱ブランドは、オリジナルブランド「和蔵(わくら)」のほか、「倉敷天領デニム」「KOJIMA GENES」「commonplace」「LTA」「EDGE OF LINE」「DEEP BLUE」「WELINA」「Denim Closet」「林檎堂」など、岡山に拠点を持つブランドが中心。「国産デニムのふるさと倉敷・児島で作られたデニム製品を一堂に集めた専門店を設け、倉敷に来られた皆さまに倉敷・児島デニムの真髄に触れて頂ける施設をつくりたかった」と担当者。

 フードコーナーでは、ラムネ味の「デニムソフト」(380円)、青いパンを使った「デニムバーガー」、「デニムまん」「ブラックデニムまん」(以上350円)など、デニムにちなんで青系の色に仕上げた軽食を販売する。

 「世界に誇るデニム製品をお客さまにお届けし、メードインジャパンの良さを再発見していただければ」と来店を呼び掛ける。

 営業時間は10時~17時(3月11日~6月10日、9月11日~12月10日は9時30分~17時30分)。

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

アクセスランキング