見る・遊ぶ

大原美術館で「ワタリドリ計画」 世界の名画と岡山の風景重ねる旅、作品に

「ワタリドリ計画」の麻生知子さん(右)と武内明子さん(左)

「ワタリドリ計画」の麻生知子さん(右)と武内明子さん(左)

  • 213

  •  

 企画展「ワタリドリ計画 ―絵から旅する大原⇔岡山―」が現在、大原美術館(倉敷市中央1、TEL 086-422-0005)で開かれている。

マルケ「マルセイユの港」をもとに玉島の港や鷲羽山へ

 「ワタリドリ計画」は旅好きのアーティスト・麻生知子さんと武内明子さんが日本各地を旅して、その土地を題材にした作品を制作して発表するアートプロジェクト。今回は、同館所蔵の名画13点を選び、市内で出会った人に「この絵に描かれている風景は岡山のどこに行けば見られるか」を聞き取り、回答をもとにその場所を訪れて作品を作った。

[広告]

 牛がたたずむルソーの「パリ近郊の眺め、バニュー村」は蒜山高原、黄色の力強い線が印象的なクレーの「燭台」は笠岡湾干拓地のヒマワリ畑、セザンヌの「水浴」は湯原温泉の露天風呂、マルケの「マルセイユの港」は玉島の港というような回答をもとに、県内28カ所を訪れた。

 作品は、旅先で撮影したモノクロ写真に1枚ずつ油絵の具で彩色した「旅の手彩色絵葉書」、旅先の思い出を絵と文章で綴り絵日記風に仕上げた「岡山旅日記」などで、題材となった名画と並べて展示する。

 同プロジェクトの2人は「格調の高い西洋の名画も、岡山の身近な場所と重ね合わせることで親しみが湧いた。旅先の風景も、回答してくれた人の目を通して見る感覚があり、いつもとは違う見方をすることができた」と話す。

 開館時間は9時~17時。月曜休館。入館料は、一般=1,300円、大学生=800円、小・中・高生=500円。3月15日まで。

Stay at Home