3密を避けて新しい生活様式へ!

食べる 暮らす・働く

倉経・年間PVランキング-10位までを飲食店関連記事が独占

「くるみのもり」店主の穴吹俊子さん

「くるみのもり」店主の穴吹俊子さん

  • 0

  •  

 倉敷経済新聞の2013年PV(ページビュー)ランキング1位は、森に囲まれた民家カフェ「くるみのもり」の記事だった。

「くるみのもり」のオムライス

 3月に地元食材をテーマにした複合飲食施設「奈良萬(ならまん)の小路(こうじ)」、7月に昭和中期の飲食街を再現した「クラシキゴールデン横丁」がオープンするなど、飲食店オープンが活発だった2013年の倉敷。それを反映するかのように、飲食店オープンの記事が上位20記事中19記事を占める結果となった。

[広告]

 ランキングは今年1月1日から12月19日までに配信したヘッドラインニュースのPVを集計したもの。上位10位のランキングは以下の通り(カッコ内は掲載日)。

1. 倉敷に民家カフェ「くるみのもり」-脱サラ女性店主が夢かなえる(4/5)
2. 倉敷に昭和レトロ飲食街「クラシキゴールデン横丁」-15店同時オープン(7/26)
3. 倉敷スイートタウン内のカフェがデザートバイキング-持ち帰り100円ケーキも(2/21)
4. 倉敷・美観地区に食の新拠点「奈良萬の小路」-地元食材生かす8店(3/25)
5. 倉敷駅前の住宅街に中華そば「月のうつわ」-地元同級生仲間で企画、運営(5/27)

6 倉敷中央病院前に「千屋牛」焼き肉店-売り上げ全額、障がい者就労支援に(8/9)
7 倉敷に「カフェ・ぱんだ」-女性店主、地元でカフェ再開(8/10)
8 倉敷にカフェ新店-デザイン会社が設計・運営、社長「全て見どころ」(4/12)
9 倉敷駅前に「水タバコ」カフェバー、「非喫煙者」オーナーが開業(4/2)
10 倉敷に空揚げ店「腹PECO CHIKIN」-母親譲りのレシピで2年ぶり再開(5/22)

 1位の「くるみのもり」をはじめ、長年の会社勤めを経て夢だった自分の店を持つケースが多く見られたほか、古い建物や家を大幅に改装して出店するケースが多いのも倉敷ならではの特徴。

 トップ10には入らなかったものの、美観地区の「コバコーヒー」(11位)、ラーメン店「よこやま」(12位)「笹」(13位)「升家」(17位)、ブラジル家庭料理「サボロザ」(15位)、当たり付き串焼きの「アグロ厨房」(16位)など、飲食店オープンの記事が人気を集めた。上位20位に唯一ランクインしたイベント関連記事は「古民家カフェでホタルを鑑賞する婚活イベント」(14位)だった。

 2014年も、広域倉敷圏の動向を「街の記録係」として、「心温まるハッピーニュース」をいち早く伝えていきたい。