食べる 暮らす・働く

倉敷の「天野珈琲」が閉店後にコーヒー「おすそわけ」 条件該当者に無料進呈

「天野珈琲」店主の天野聡さん

「天野珈琲」店主の天野聡さん

  •  

 倉敷駅前・元町通にある自家焙煎(ばいせん)コーヒーのテークアウト店「天野珈琲(コーヒー)」(倉敷市阿知3、TEL 090-2866-1111)が3月に始めた「おすそわけ」が近隣住民らの間で静かな話題を呼んでいる。

閉店後のシャッターに貼り出したドリップバッグ

 「おすそわけ」は、店主の天野聡さんが考案したシステム。閉店後または定休日の閉じたシャッターにおすそわけ相手の条件を書き込んだドリップバッグを5袋貼り出し、当てはまる人に無料で持ち帰ってもらう。条件は、天野さんが書いたり、客に声を掛けて書いてもらったりしたもので、「出張中の人」「禁煙を始めた人」「昨日徹夜して眠い人」「コーヒーを愛している人」「夢を諦めていない人」などさまざま。

[広告]

 「昨年10月に店をオープンしたが、ここに到達するまで多くの人との縁があり、いろいろな形でお世話になってきた。その感謝の気持ちを不特定の人にお返ししたいと思いこのような形を選んだ」と天野さん。「『誰かが根こそぎ持って行ってしまうのでは』という声もあったが、実際にやってみるとみんな条件に従って持ち帰っているのがわかる。世の中、捨てたものではない」と話す。

 天野さんによると、「最近別れた人」「寂しい人」「昨日徹夜して眠い人」などのネガティブな条件の人気が高く、「最近何かを成し遂げた人」「愛にあふれている人」などポジティブな条件は残る傾向があるという。「がっかりがほっこりになりました。ありがとう」というメッセージを残して持ち帰った人もいるという。

 「癒やされたい人、落ち込んでいる人たちの気持ちを上げる手助けができればうれしい。先日は新聞配達の女性が『やっと自分に当てはまるものが見つかった』とうれしそうに話してくれた。これからも『人生を少し楽しくするコーヒー屋』を目指していきたい」と意欲を見せる。

 営業時間は10時~19時。月曜定休。