食べる

アリオ倉敷のクリスピー・クリーム・ドーナツ、閉店へ 中国地方最後の店、惜しむ声も

「クリスピー・クリーム・ドーナツ アリオ倉敷店」外観

「クリスピー・クリーム・ドーナツ アリオ倉敷店」外観

  •  

 倉敷駅前の大型ショッピングセンター「アリオ倉敷」(倉敷市寿町)内の「クリスピー・クリーム・ドーナツ アリオ倉敷店」(TEL 086-435-7220)が7月3日、閉店する。

「オリジナル・グレーズド」

 同店はアリオ倉敷のオープンに合わせ、中国地方1号店として2011年11月にオープン。1937年の創業時から続く「オリジナル・グレーズド」(160円)をはじめ、約20種のドーナツを販売する。

[広告]

 今年に入り閉店が相次ぎ、県内では今年1月に「さんすて岡山店」が、中国地方では今年2月に広島の「アルパーク店」「ゆめタウン廿日市店」が閉店し、同店が中国地方唯一の店舗だった。閉店後、倉敷から最も近い店は「ららぽーと甲子園店」(兵庫県西宮市)となる。

 今月の来店時に閉店を知った倉敷市在住の主婦は「『オリジナル・グレーズド』が大好きだったので気軽に買えなくなってしまうのは寂しい」と閉店を惜しむ。

 運営するクリスピー・クリーム・ドーナツ・ジャパンの担当者は「できるだけ早いタイミングで、あらためて中国地方の皆さまにお召し上がりいただける体制を作っていきたい」と話す。

 営業時間は9時~21時。

情報誌 Class