見る・遊ぶ 買う 暮らす・働く

倉敷・美観地区の仏具店が和雑貨店にリニューアル お香、天然石のアクセサリーなど

「中原三法堂 本通店」店内の様子

「中原三法堂 本通店」店内の様子

  •  

 倉敷・美観地区に1月25日、仏壇・仏具専門店「中原三法堂 本通店」(倉敷市阿知2、TEL 086-426-6777)が和雑貨店としてリニューアルオープンした。

和柄のシュシュ

 同社は1889(明治22)年創業。発祥の地である同場所の店舗を2016年6月にいったん閉店し、町家風の店舗を1年半掛けて新築した。観光客が多い通りに面していることから、仏壇・仏具販売の経験を生かした和雑貨のセレクトショップとして再スタートを切った。

[広告]

 取り扱う商品は、線香・お香、水引を使ったイヤリングやネックレスなどのアクセサリー、漆を使ったガラスの器やスマホケース、高級な墓石に使われる庵治石(あじいし)を溶かし込んで青に発色させたガラス商品、岡山の特産物を原料にしたコスメ、オリジナルマスキングテープ、革のバッグなど。般若心経をプリントしたバッグや手ぬぐいなどの人気が高いという。天然石を使ったオリジナルブレスレットの製作体験(2,160円)も用意する。

 同店主任の岡崎悠夏さんは「仏具や墓石を扱う当社ならではのセレクトを楽しんでいただき、当社をもっと身近に感じてもらうきっかけになれば。気軽に入って、さまざまな商品を見てもらいたい」と呼び掛ける。

 営業時間は9時30分~18時。月曜定休。

情報誌 Class