食べる

倉敷でナチュラルワインと食のイベント 倉敷産ブドウ使ったワイン先行販売も

イベント実行委員で「倉敷酒商 いときち」店主の川島康資さん

イベント実行委員で「倉敷酒商 いときち」店主の川島康資さん

  • 119

  •  

 ナチュラル(自然派)ワインを食と共に紹介するイベント「クラバン」が12月6日、アリオ倉敷(倉敷市寿町)野外イベント広場と倉敷みらい公園で開かれる。

倉敷産マスカット・オブ・アレキサンドリアで作ったナチュラルワイン「M」

 除草剤や肥料を使わずにマスカット・オブ・アレキサンドリアなどのブドウを育てる松井農園(船穂町船穂)の松井一智さんが、ワイナリー(醸造所)「GRAPE SHIP」を来年オープンすることから、松井さんと縁のある市内の飲食店13店が集まってナチュラルワインと料理を提供する。

[広告]

 ワインブースには「GRAPE SHIP」「倉敷酒商いときち」「cotori」が出店。今年の秋に松井さんが収穫した倉敷産ブドウで造った新酒「ナチュラルロゼスパークリングワイン」を先行販売するほか、世界のナチュラルワインを約30種用意する。ボトルの販売は行わず、持ち込みのグラスやカップ、またはグラスカップ(100円)に注いで販売する。有機のブドウジュースをはじめとしたノンアルコールドリンクも用意する。

 料理ブースには、「あまみね」「ICHI」「常衛門食堂」「備中倉敷葡萄酒酒場」「やまこうどん」「LITTLE LIGHTS」など、松井さんと縁のある市内の飲食店11店が出店する。

 イベント実行委員で「倉敷酒商 いときち」店主の川島康資さんは「お酒を飲む人も飲まない人も、イベントを通じて、倉敷のブドウで造られたナチュラルワインがあることを知ってもらえれば。あまりイベントでは見かけない地元の店も出店しているので、楽しい時間を過ごしてほしい」と話す。

 開催時間は12時~17時。雨天決行。入場無料。