買う 暮らす・働く

倉敷・美観地区にセレクトショップ「レイ・ストア」-「岡山のものづくり」打ち出す

「Ray store」外観

「Ray store」外観

  • 0

  •  

 倉敷・美観地区の本町通りにセレクトショップ「Ray store(レイ・ストア)」(倉敷市本町、TEL 086-424-0038)がオープンして1カ月が過ぎた。運営は、帽子ブランド「DECHO(デコー)」や、エプロンを中心とした衣料ブランド「NAPRON(ナプロン)」などを展開するRay(岡山市北区)。出店場所は「天賞堂祝儀店」跡。

店内に並ぶ「NAPRON」のエプロン

 昨年12月22日にオープンした同店。自社ブランドの「DECHO」「NAPRON」をはじめ、国内外からセレクトした雑貨を取りそろえる。直営店は3店舗目で、同店を「『ものづくりの会社』だということを打ち出す旗艦店」と位置付ける。店舗面積は20坪。

[広告]

 「DECHO」の帽子は繊維の町・児島の自社工場で作られており、「洗いを施すことでカジュアルな風合いを演出している」という。「NAPRON」は「ファッション感覚で普段着にも使える作業着」のブランドとして、エプロン、かっぽう着、コート、パンツ、ポーチ、軍手、足袋型スニーカーなどをそろえる。自社ブランド以外では、「ateliers PENELOPE(アトリエペネロープ)」の帆布バッグ、「Ouur by KINFOLK(アウアー・バイ・キンフォーク)」のキッチン雑貨、「くらしきぬ」の冷えとり靴下などを並べる。「質が高く、長く使えるものを選んでいる」と同社の中村亜由美さん。

 「美観地区にあるので観光客も多く訪れるが、県内の人にも『岡山の丁寧なものづくり』の良さを知ってもらうきっかけになれば」と来店を呼び掛ける。

 営業時間は10時~18時。月曜定休。

  • はてなブックマークに追加
Stay at Home