食べる 買う 暮らす・働く

倉敷・美観地区に結婚式場兼レストラン-築230年の和邸宅を改装

江戸時代建築の和邸宅を改装した結婚式場「The 華紋」

江戸時代建築の和邸宅を改装した結婚式場「The 華紋」

  •  
  •  

 倉敷・美観地区に10月22日、結婚式場兼レストラン「The 華紋(ザ・カモン)」(倉敷市本町、TEL 086-424-3526)がオープンした。運営はウエディングプロデュースを手掛ける「サムシングフォー」(中央)。出店場所は昨年11月に閉店した讃岐うどん店「かな泉」跡。

和と洋が調和したチャペル「結華堂(ゆいかどう)」

 重要伝統的建造物群保存地区内に位置する築230年の和邸宅を改装。江戸時代に建てられた伝統的な日本家屋の外観を保ちながら、明治・大正を意識したレトロモダンな内装に仕上げた。1階と2階を合わせた面積は352.81平方メートル。収容人数は、披露宴会場に着席80人、立席100人、チャペルに着席60人。

[広告]

 週末と祝日を中心に昼夜各1組限定の婚礼施設として運営し、婚礼のない平日はフレンチレストランとしてランチ営業する。ランチコースは2,000円で、シェフは今年8月に閉店したフランス料理店「Petit Lapin(プチ・ラパン)」(中央)の山下恒生シェフが務める。「素材の味を大切に、和のテイストも積極的に盛り込んだ創作フレンチを提供する」と同社専務の岸本裕子さん。

 「大切にしたのは和と洋の調和。もし当時ここに迎賓館やチャペルがあったらこんな感じになるだろうというイメージでデザインした。倉敷の新しい名所になれば」とも。

 ウエディングの問い合わせ受け付け時間は10時~19時。火曜定休。ランチの営業時間は11時30分~14時30分。火曜と婚礼のある土曜・日曜は休み。

  • はてなブックマークに追加