見る・遊ぶ 買う

倉敷のアパレルブランドが初の展示会-現役ドラマーが企画運営

現役ドラマーでもある「NOHEROES」代表の山田晋司さん

現役ドラマーでもある「NOHEROES」代表の山田晋司さん

  •  
  •  

 岡山の「cafe moyau(カフェモヤウ)」(岡山市北区)で3月23日・24日、倉敷のアパレルブランド「NOHEROES(ノーヒーローズ)」(倉敷市福田町古新田、TEL 086-441-5838)主催の合同展示会「NOHEROES presents; the museum vol.01」が開かれる。

トライブレンドの生地を使ったTシャツ

 2012年5月に運営を始めた同ブランド。中国地方を拠点に全国で活動するバンド「shuly to 104kz(シュライ・トゥ・テンフォーケーズィー)」のドラマーを務める山田晋司さんが、「着るアート」をコンセプトに立ち上げた。展示会は今回が初めて。

[広告]

 Tシャツ、パーカ、デニム、バッグ、ベルト、ネックレス、ビーズアクセサリーなどのほか、「Natural Rich(ナチュラルリッチ)」(総社市)による本物の花を樹脂加工したアクセサリーや「senzatempo(センツァテンポ)」によるハンドメイド木工家具など約50点を展示販売する。

 「デニムには上質のジンバブエ・コットンを使い、パターンから縫製までの全工程を児島の職人が手掛けている。Tシャツは曲線がきれいに出るようトライブレンドの生地を使っている」と山田さん。

 「音楽、アート、ファッションは切り離せないもの。これらをつなげ、五感を使って体感できるようなブランドを目指している。もの作りに興味のある人たちとのつながりを生み出すきっかけにしたい。展示では気軽に声を掛けてほしい」と来場を呼び掛ける。

 開催時間は11時30分~22時(24日は日没まで)。

  • はてなブックマークに追加