天気予報

28

16

みん経トピックス

倉敷でシニア食堂イベント倉敷の雑貨店1周年

倉敷の駅ビルにおにぎり専門店「山田村」 倉敷初出店

倉敷の駅ビルにおにぎり専門店「山田村」 倉敷初出店

期間限定の「オクラベーコンチーズ」

写真を拡大 地図を拡大

 倉敷の駅ビル「サンステーションテラス倉敷(さんすて倉敷)」内に「米屋のにぎりめし山田村 さんすて倉敷店」(倉敷市阿知1、TEL 086-435-0120)がオープンして3カ月がたった。運営は平成食糧(岡山市北区)。

イートインスペース

 6月1日にオープンした同店。県産米を使ったおにぎりと総菜をテークアウトで提供する。「さんすて岡山店」「タカシマヤフードメゾン店」などに続き4店舗目で、倉敷へは初出店。店舗面積は約40平方メートル。イートインの席数は8席。

 主なおにぎりメニューは、「梅しそ鮭」「高菜明太(めんたい)」「チーズ明太」「豆ごはん」「たこむすび」(以上206円)、「昆布」(165円)など20種以上。「十勝コロッケ」(185円)、「鶏のから揚げ」「さんまの竜田揚げ」(以上288円)などのサイドメニューも用意する。持ち帰り・ギフト向けに、県産米食べ比べセットやオリジナルグッズも販売する。

 「今回の店舗で初めて、スープを『白みそ』『赤だし』『カレースープ』の3種を用意し、イートインスペースを設けた。人気が高いおにぎりは『梅しそ鮭』と『豆ごはん』」と各務雄太店長。

 「岡山駅前の店舗を知っている人から『倉敷にもあったんだ』と言われることが多い。初めて知った方にも、まずは一度食べてもらいたい」と呼び掛ける。

 営業時間は7時30分~20時。

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

アクセスランキング