天気予報

18

14

みん経トピックス

倉敷駅ビルにおにぎり専門店倉敷で滞在制作の企画展

倉敷・児島の雑貨店が1周年イベント 作り手ら12組出店

倉敷・児島の雑貨店が1周年イベント 作り手ら12組出店

店主の近藤沙希さん(右)と店長の多田智美さん(左)

写真を拡大 地図を拡大

 倉敷・児島の「雑貨+いか焼きCafe Coast 2 Coast(コースト・トゥ・コースト)」(倉敷市児島味野、TEL 080-9797-2919)で9月23日・24日、「1周年むちゃくる雑貨パーティー」が行われる。

「たまごイカ焼き イカましまし」

 昨年9月にオープンした同店の1周年を記念し、店舗前駐車場で行う同イベント。ハンドメイド雑貨の作り手ら12組が出店し、バッグ、Tシャツ、小物、アクセサリー、レザー、バイカーグッズなどの展示販売を行う。ヘナタトゥー入れ、入浴剤作り、アロマ石けん作り、エイジング加工を施したスマホケースへの名前入れ、マジックショー、筆アートデザイナーが客の名前を即興で歌う企画なども展開する。

 店主の近藤沙希さんは「作品のファンの人は、作家本人に会って話をすることができる。作家にとっても、普段どういう人が買ってくれているのかを知ることができ、今後の制作活動に生かせる。多くの人に来場いただき、作家と交流してもらえれば」と呼び掛ける。

 同店は、近藤さんとリメーク作家の店長・多田智美さんの二人で運営する。「リメーク雑貨はインターネットでの受注販売はあるが、実際に手にとって見ることができる店があまりないので出店を考えた。破れたりして履かなくなってしまったけれど思い入れがあるジーンズのリメークオーダーも受け付けている」と近藤さん。

 今年の春、近藤さんは弟の形見のジーンズを多田さんに託し、ショルダーバッグやコインケースにリメークしてもらったものを弟の妻と子どもたちにプレゼントした。「子どもたちが『パパの匂いがする』と言ってよろこんでくれたのが印象的」と振り返る。

 「自分たちはいろいろな思いを形にできる仕事をしている。あっという間の1年だったが、これからもリメークを通じていろいろな方に笑顔になってもらいたい」と話す。

 開催時間は11時~夕刻。営業時間は11時~19時。月曜定休。

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

アクセスランキング